今日中に借りたい!即日融資可能なキャッシングをご紹介

nayamu

即日融資可能なキャッシング業者はたくさんあります。ただ、どの業者であっても申し込み当日にお金を借りられるとは限りません。お金借りる審査は速いが融資は数日経ってからというところもあります。

絶対に今日中に借りたいといっても時間の制限もあるので、素早く行動しましょう。

曜日・時間帯別の即日融資可能な業者

即日融資といっても、曜日や時間帯によって使える業者が異なります。

一般的には大手の消費者金融業者であれば曜日や時間帯に関係ないと思われがちですが、条件が揃わないと即日融資ができません

土日祝日

サラリーマンやOLなど会社に勤務している人が即日融資で困るのは、土日祝日しか動けないのに、そういう日に限って金融機関も休業であるということでしょう。都市銀行も地方銀行も基本的には土日は休みです。

こういったときに便利なのが消費者金融業者です。大手はほとんど土日でも契約を締結することが可能です。銀行は休みですので、カードを発行してもらって、ATMから引き出しするという方法になります。

webオンリーで完結しようとしても銀行が休みなので現金を即入手することはできません。近くに無人契約機のある業者を選びましょう。

そうなると、プロミス、アコム、アイフル、レイクALSAが選択肢になります。SMBCモビットは時間帯によりますので、公式サイトを確認しましょう。

アローやフタバといった中小の業者は基本的に土日祝日の即日融資には対応していません。

平日午後2時まで

time-800399_640

即日融資に最も適しているのは平日の午後2時までという時間帯です。この時間帯であれば大手はもちろん、中小の業者もほとんど即日融資されます。

午後2時までという時間帯なら、銀行の口座への振込融資でも当日対応が可能です。申し込みから融資までにかかる時間はプロミス、アコム、アイフルが1時間程度、モビットは2時間程度です。レイクALSAは多少時間がかかる傾向があるので、早めに申し込みしましょう。

web上だけで申し込みから書類の提出、本審査まで行って契約を締結すると、銀行振込を依頼することが可能です。銀行が業者からの依頼に対応して口座に反映させることができる時間は午後3時がリミットです。この時間を超えると銀行では翌営業日まで振込は実行されません。

平日午後3時から午後9時

平日の午後3時を過ぎてしまうと、銀行への振込融資は当日中に対応してもらえません。無人契約機に行けるというのが条件になります。また、午後9時を過ぎると、どの業者でも審査そのものを受け付けてもらえません。

無人契約機の営業時間は午後10時までとなっていることが多いですが、これはすでにカードが発行された利用者が借入するときの問題で、初契約では審査可能時間内に申し込みをして審査に通過する必要があります。

無人契約機を設置している業者は、プロミス、レイクALSA、アコム、アイフルです。この4つの業者の無人契約機が近くにあるかどうか確認しておきましょう。

申し込み自体はwebで可能ですが、カードを発行しないと借入できないことが多いので、契約機に行ってカードを受け取る必要があります。

レイクALSAでは完全にカードレスでのキャッシングが可能になっており、本審査に通過して契約まで至ることができればスマホを使ってコンビニのATMで24時間借入できます。

平日午後9時を過ぎたら?

午後9時を過ぎると、どの業者でも新しい申し込みを受け付けません。ここがタイムリミットで、この時間を過ぎていたら翌朝まで待たなければなりません。

ただし、webでの申し込みはほとんどの業者で24時間可能です。夜のうちに申し込みだけしておいて、翌朝の結果通知を待つという方法もあります。

在籍確認が必要ですが、多くの業者は午前9時頃から営業を開始して、夜のうちにあった申込者に対する審査と在籍確認をするようにしています。結果通知を待ちましょう。

銀行は即日融資可能?

銀行は2017年の9月にカードローンの即日融資の停止を決定し、翌2018年1月に完全施行しています。

銀行は総量規制の適用を受けないことから、利用者への過剰融資になっているのではないかと金融庁から指導され、また反社会的勢力の排除の観点から審査の厳格化のために警察庁への情報照会をすることになったため、即日での融資は不可能になっています。

とはいっても、自主規制前に蓄積した審査のスピードアップのノウハウは残っており、申込当日は不可能でも、翌営業日であれば融資可能な銀行のカードローンは多数あります。1日程度の猶予があるのであれば、金利面で有利な銀行のカードローンの検討をしても良いでしょう。

まずは当座のお金だけ消費者金融業者を使って借入して、その後は金利の安い銀行のローンを使うという方法もあります。

即日融資可能な業者から確実に借りるために

即日融資を確実にするためには、書類を準備しておきましょう。

基本的には本人確認書類があれば充分ですが、収入証明書の提示を求められることもあります

本人確認書類が絶対に必要

カードローンの申し込みでは、申込者の身分を証明するための本人確認書類の提示が必須です。

提示するタイミングは業者ごとに異なっており、契約時で良いということもあれば仮審査のときに提示すれば良いということもありますが、最終的には必ずどこかの段階で提示を求められます。事前に手元に準備しておきましょう。

本人確認書類として代表的なのは運転免許証です。顔写真の入った公的な証明書としては免許証は最強と言っていいでしょう。免許証がない場合には、マイナンバーカード、パスポートなどの顔写真の入った公的な書類が本人確認書類となります。

どれも持っていないときには健康保険証でも通用しますが、これには顔写真が入っていないので書類としては弱く、公共料金の領収書などを付け加えることを求められることもあります。

収入証明書は要らない?

多くの業者で収入証明書不要とうたっていますが、これは利用限度額によって変わります。

1社で50万円以上の利用限度額を設定する場合には収入証明書が必要です。また、他の業者やクレジットカード会社からの借入と希望限度額を合算して100万円以上になるときにも収入証明書は必要になります。

サラリーマンであれば源泉徴収票が良いでしょう。直近2ヶ月または3ヶ月の給与明細書でも通用します。自営業者や個人事業主の場合には確定申告書が収入証明書になります。

どれも最新のものである必要があります。確定申告書は税務署の印が押された「控え」でないと受け付けられないので注意しましょう。

「審査なし」「無審査」「ブラックでもOK」に釣られない

ネットで「即日融資 可能」などで検索すると、審査なしで貸すなどと広告でうたった業者がヒットすることがあります。

こういった業者は違法営業している闇金である可能性が高いので注意しましょう。

「審査なし」「誰にでも貸す」のところは利用しない

正規の貸金業者であれば、必ず申込者を審査します。これは法律上も定められたことで、審査せずにお金を貸すということはあり得ません。

もし「無審査で貸します」という業者があれば、違法業者と考えていいでしょう。いわゆる闇金と呼ばれる存在です。中小の消費者金融業者は「街金」などと呼ばれており混同されがちですが、こちらは正規の業者です。

「無審査」「審査なし」「ブラックでもOK」などは闇金の広告の常套手段です。「無担保・無審査」と言っていたら、ほぼ100%闇金と断じていいでしょう。

お金に困って安く借りられる業者はないかとネットを検索しているうちに、闇金のサイトのURLを踏んでしまうとメールアドレスを盗まれてスパムメールが送られてくるようになります。充分に注意しましょう。

悪徳業者の手口

damedame

即日融資可能と言って客を釣ろうとしている闇金は、違法に営業している業者ですので、正規の業者ではあり得ないことを様々にやってきます。

たとえば「審査なし」と言っておきながら、信用が足りないなどと難癖を付けて高額の保証料という名目の金銭を要求することもあります。

確実に返済したのに、「まだ返してもらっていない」「利息分が残っている」などの理由で違約金や延滞金を請求したり、職場への催促を行ったりします。また、借りた覚えのないお金を入金して、法外な利息を付けて返済を迫るということも良く行われます。

急いでお金を借りたいという気持ちや、できれば審査は甘くしてほしいなどの欲に闇金はつけ込んできます。

なるべく大手の業者、またはネットで調べて充分な評価を得ていることが確認できる業者から借りるようにしましょう。

貸金業法登録番号をチェックしよう

闇金かどうかは、「貸金業法登録番号」で検索して確認することができます。

正規の合法的な業者であれば必ず登録番号を持っています。金融庁や都道府県からの認可を受けていることを示す番号で、分かりやすい場所に掲示する義務が業者にはあります。公式ホームページならトップページに表示されます。

業者名の脇や、ページの一番上の部分、または下の部分に「登録番号:四国財務局長(7)第00056号 日本貸金業協会会員:第0015466号」などといった表示が必ずあるはずです。この番号を確認して、さらに金融庁の「登録貸金業者情報検索サービス」で検索してみましょう。

闇金のなかには正規の業者の番号を流用して表示していることがあります。登録番号と業者名が一致するかどうか確認してみましょう。

まとめ

即日融資可能という業者は数多くありますが、時間帯や曜日によって使える業者が異なります。銀行は即日融資には対応していません

悪徳業者に引っかからないこと、また必要書類を事前に準備しておくことを心がけましょう。